生命力の高い野菜、明日葉は食物繊維も豊富

生命力の高い野菜、明日葉は食物繊維も豊富

若葉を摘んでも明日には芽が出ているといわれるほど生命力が高い野菜が明日葉です。

 

セリ科の野菜で日本では房総半島や伊豆諸島の太平洋側などで栽培されています。栄養価が高く青汁の原料にも使われています。明日葉にはβカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維などが含まれています。塩分を過剰に摂取すると水分をうまく代謝できず高血圧になります。加工食品、外食、コンビニのお弁当など現代にはナトリウムが多い食品が多く、高血圧が心配されます。

 

体内の余分なナトリウムの排泄を助けてくれるのがカリウムです。明日葉にはカリウムが多く、ナトリウムの排泄を促して高血圧を予防します。また、カルコンという特有の成分が含まれており、カルコンの働きで巡りがよくなることも高血圧の予防に役立ちます。ナトリウムとともに水分が排泄されるのでむくみの解消にもよいです。むくみ解消サプリメントに明日葉が配合されることもあります。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、健康な粘膜を作る働きがあり、喉や鼻などの粘膜が丈夫になります。

 

ビタミンCやビタミンEには免疫力を高める働きがあり、風邪やインフルエンザなどを予防します。βカロテンは皮膚を健康に保つ役割もあります。肌のバリア機能がしっかりと働くようになり、乾燥しにくい肌になります。肌荒れ防止にも役立ちます。シミやシワの原因になるのが紫外線です。βカロテンには抗酸化作用もあり、紫外線から肌を守ります。ビタミンCにも抗酸化作用があり、βカロテンとともに紫外線から守ってくれます。

 

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きもあるので、ハリの回復が期待できます。明日葉には食物繊維が豊富に含まれており、食物繊維が腸の働きを活発にして便通を促します。便通がよくなることで腸がきれいになり、食べたものの栄養がきちんと吸収されるようになります。そのことにより、肌に必要な栄養がしっかり吸収されて美肌に近づきます。