青汁の重要な役割を果たす豊富なビタミン類とミネラル

青汁の重要な役割を果たす豊富なビタミン類とミネラル

皆さんは、青汁と聞いて何を思い浮かべますか。
「健康には良いけど、まずそう。」というのが一般的ではないでしょうか。
むしろ、それが青汁の代名詞ともなっていた位です。

 

現在では、その味も随分と飲みやすくなり「健康に良い食品」として、最も知名度が高く、多くの方に飲まれています。健康に良いというイメージがある青汁ですが、実際どのように体に良いのかを見ていきたいと思います。

 

青汁に含まれている成分の中で非常に重要な役割をしているのが、豊富なビタミン類とミネラルになります。

 

そして、食物繊維が美容や便通に非常に高い効果をもたらします。この3つの栄養素により、欧米化してしまった日本人の身体を健康へと導いていきます。

 

ビタミン類

 

青汁には主に、ビタミンA・B群・C・E・K・葉酸などといった主要ビタミンが
豊富に含まれています。このようなビタミンが足りていないと体にダルさを感じたり、
せっかく摂取したその他の栄養素を十分に活かすことができなくなります。

 

ミネラル

 

ミネラルは身体の基本となる栄養素でもあります。
身体のあらゆる機能を維持したり、日々調整する為に必要不可欠な栄養素になります。

 

食物繊維

 

食物繊維というのは消化され、身体の栄養になるものではありません。
腸内にある老廃物や脂肪などを包み込み、体外に排出する役割を担っています。
食物繊維が足りなくなると、便秘になり、老廃物が留まりやすくなります。
すると、お肌に吹き出物が出来たり、むくみの原因にもなります。

 

青汁が健康に良いとされている理由としては、現代人に欠かすことのできない栄養素が含まれている為、
健康な生活をするうえで必要不可欠な吸収・分解・排出の手助けをしてくれるからです。
食の欧米化によって失われてしまった身体のバランスを味も改良された青汁で元に戻してみてはどうでしょう。
昔流れていたTVCMでは「まずい!もう1杯!」と言われていた青汁が「美味い!もう1杯」と言われる日も近いのではないでしょうか。